雑念フランシア

ベース、音楽、家電、グッズ、 レビュー、レポート

アニソン大会@水戸SONIC 2015/5/17

前回の2/15により約3ヶ月で開催のアニソン大会@水戸SONIC
開催頻度があがって、出る人も、見る人もうれしいイベントになっていっているような感じがします。
また前回とは観客側のちょっと雰囲気が違う気がしたけれど、大盛況、すばらしい演奏、一体となって盛り上がる観客、転換中も楽しいDJ、とにかく楽しく温かい雰囲気ですばらしいイベントでした。

今回も例によってセトリに合わせて簡単なレポも。拙い文章ですが少しでもその時の雰囲気を思い出すきっかけになればうれしいです。

スヴィエート

  1. The Bravery / supercell (マギ)
  2. 青空のナミダ / 高橋瞳 (BLOOD+)
  3. 面影ワープ / nano.RIPE (花咲くいろは)
  4. 影踏み / nano.RIPE(劇場版 花咲くいろは)

1発目。お客さんが入って間もなかったり、まだライブの雰囲気ができていない感じの中演奏するのはどのバンドでもなかなか難しい。そんな中、神様登場でステージに注目を一気に集め、1曲目からバンドが持つ雰囲気で会場全体を一気に包んだ感じがして、あぁいいなぁと浸っていた。
演奏が力強いのにボーカルがすーっと入ってくる対比の感じ、選曲、歌声、アニソンが持つどこか淡く切ない雰囲気が表れていていいステージだった。

If no BackFat

  1. ストリーミングハート / DECO*27 feat.初音ミク
  2. サマータイムレコード / じん feat.IA (カゲロウプロジェクト)
  3. チルドレンレコード / じん feat.IA (カゲロウプロジェクト)
  4. シザーハンズ / Nem feat.初音ミク
  5. 六兆年と一夜物語 / kemu feat.初音ミク

一言で言えば妖艶なステージだった。
振り返ってみるとJAZZY、シャッフルの曲を演ったのはこのバンドだけだったなと。こういう曲ってどのパートも、バンドとして完成させるのも難しい。でも演奏よし、歌よしで、私も見回す限りの観客も自然と身体が動いていて心地よいひと時だった。
メンバーに変更があって、なんかいろんなことを乗り越えてステージに立った、立てた今日は楽しみたいっていう印象を(勝手に)受けて、選曲も相まってなんだかジーンとしてしまった。

MAGNOLIA *1

  1. 星間飛行 / ランカ・リー=中島 愛 (マクロスF
  2. ノーザンクロス / シェリル・ノーム starring May'n (マクロスF
  3. ライオン / シェリル・ノーム starring May'n/ランカ・リー中島愛マクロスF
  4. ダイアモンドクレバス / シェリル・ノーム starring May'n (マクロスF
  5. インフィニティ / シェリル・ノーム starring May'n (マクロスF

キーボードが居なくてもマクロスのコピーって出来るんだなって、ステージとして完成するんだなってちょっと違う観点で感心してた。同期との調整でドラムがおかずを入れて合図してたり、生演奏として見せるところはしっかり見せるところなんかは勉強になった。
原作通り、キャラクターの使い分けというか、ツインボーカルとしての表現を最大限に活かしていた。共通して言えることではあるんだけど、観客側が演奏しやすい雰囲気を作ってくれる温かさが光って良かった。

No,I My★

  1. Unmei♪wa♪Endless! / 放課後ティータイム (映画けいおん!
  2. オラシオン / 白 (茅野愛衣) (ノーゲーム・ノーライフ
  3. Dreamer / AiRI (TARI TARI
  4. Brave Song / Girls Dead MonsterAngel Beats!
  5. Crow song / Girls Dead MonsterAngel Beats!

バラード以上にスローテンポの聴かせるロックナンバーをライブで演るっていうのは難しいことだと思うんだよね。組み込むと前後の選曲、盛り上げ方が難しくなるし、ステージ側だけで雰囲気を作り上げなければならない。
ということを踏まえて、Brave Song、よかった。言葉ではうまく表現できないけれど、ステージ奥からの暖色の照明が、放課後屋上の夕陽のように見えて、曲への、作品への思いが現れたような気がした。
それとサプライズの誕生日お祝い。ステージ内外での仲の良さを垣間見て羨ましく感じた。

Before The Breakfast

  1. とっとこ!ハム太郎 Happy Running mix / あさめしアレンジ (原曲:ハム太郎とっとこうた / ハムちゃんず (とっとこハム太郎))
  2. R.U. / Foreground Eclipse (Dear,are you getting sober オープニングSE)
  3. Dear,are you getting sober / Foreground Eclipse (原曲:御柱の墓場 ~ Grave of Being, 神さびた古戦場 ~ Suwa Foughten Field 「東方風神録」)
  4. 月夜に舞う想い / Draw The Emotional(ゆよゆっぺ) feat.めらみぽっぷ (原曲:亡き王女の為のセプテット東方紅魔郷」)
  5. Bad apple!! / ゆよゆっぺ feat.めらみぽっぷ (原曲:Bad Apple!! 「東方幻想郷」)
  6. 鳥の詩 / あさめしアレンジ (原曲:鳥の詩 / Lia 「AIR」)
  7. Tell Your World / ゆよゆっぺ feat.巡音ルカ (原曲:Tell Your World / livetune feat.初音ミク

まさかのハム太郎アレンジで一気にあさめしのフィールドに。しっかりバンドで演奏するっていうところの水準をひとつ、ふたつ超えて、メンバーの動きから煽りに至るまで、どうすれば会場を沸かすことができるか、楽しませることができるかっていうところに踏み込んでいて、見ていれば自然とテンションが上がる。
個人的にもう一度聴きたいと思っていた、あさめしじゃないと聴けない、あさめしのDear,are you getting sober、鳥の詩に加え、東方アレンジ2曲も聴けて大満足。

アトミックヘルドラゴンガーディアンズ

  1. (オープニングSE)トレーナーバトルBGM / ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ
  2. Anything Goes! /大黒摩季仮面ライダーオーズ
  3. IN MY DREAM / 真行寺恵里ブレンパワード
  4. SELF PRODUCER / 茅原実里お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ
  5. 以心伝心 / 19
  6. 光るなら / Goose house (四月は君の嘘)

ほんとステージ上が楽しそうで、見ているこっちも楽しくなってくる。この日このイベントに来て良かったなぁと思いながら帰ることができる素晴らしいオオトリ。
IN MY DREAMを聴くとボーカルに圧巻。この曲の高音をここまでしっかりきれいに、そして楽しそうに歌うボーカルはそうそうお目にかかれない。
ラストの光るなら。各パートにマイクがあるっていうのはこういうことかーッ!まさかの全員ボーカル参加で、それもみんな上手い。何度振り返ってもイベントの締めくくりに最高のステージだったと思う。


チラシの裏
すばらしいステージを見せられて、自分もこのままじゃダメだ!と思いました。
活動の場、広げていこうかな。 単発でも、セッションでも、ヘルプでも、もちろん正式メンバーでもベース弾ける場があったらお誘いください。アニソンに限らずなんでも。(宣伝になってすみません)
また例によって少し上から目線っぽい書き方になっている点があります。何とぞご容赦ください。(遠慮するとなかなか言葉がまとまらないよ) やっぱり形無いものを言葉にするのって難しいな。
やっぱり会場ではコミュ障全開になってしまった。またなんかで絡んでくださいな。
ステージ側からすると前来て盛り上げてほしい気持ちは痛いほどよくわかるけど、各バンドがなにをどう表現したいのか、じっくり聴いて感じ取るのもライブのひとつの楽しみ方だとは思うのです。

*1:MAGUNORIAではなく、正しくはMAGNOLIAです。お詫びして訂正します。