雑念フランシア

ベース、音楽、家電、グッズ、 レビュー、レポート

【レビュー】Karkelo / Korpiklaani

邦題は「コルピの酒盛り」、フォークメタル、森に住む妖精、酒メタル、森メタル・・・
曲を聴く前にこんな単語の並びを見たら、どんなバンドがまったく想像がつかないだろうな。


聴いたらツボ。
好みのスラッシュメタルなリフに、アコーディオンフィドルヴィオラ?、それに乗っかるデスボイスボーカル。
この組み合わせがなぜだかしっくりときて、ひとつのジャンルが出来上がっている。
MetallicaのS&Mでも思ったけど、メタルとバイオリン系の楽器って相性がいいのかもしれない。 他のジャンルのオーケストラアレンジよりインパクトと相乗効果が高いと思う。


で、コルピクラーニ現時点での最新アルバムがこれ。(・・・最新といっても発売は2009/08/26。 チェックが遅い。)
メタル色が強い曲だけじゃなくて、アコースティックな響きと感情が乗った独特の歌い方で哀愁感たっぷりの曲もあり、アルバム1枚を通しても飽きない。
リフも全曲いいと言っていい。 普通の(?)スラッシュメタルバンドとして活動しても人気がでるんじゃないかと思うくらい癖になるリフがたくさん。 まっ普通じゃないからこのバンドは魅力的なんだけど。
ネタっぽいイメージがあったけど、聴けば聴くほどよくできてるなぁと感心させられる。 メタル好き、メタル初心者どちらにもとりあえず聴かせたい。


コルピの酒盛り


                    

広告を非表示にする